手形というのは普通の人にはあまり馴染みはありませんし、自分のような塾講師には無縁の話だったりします。
しかし、塾講師というのは独立をしやすい職業ですから、独立をしたときに手形のことを知らなければ困るかもしれないと考え最近色々と勉強をするようになりました。
特に個人の場合には資金繰りに苦しむ可能性もあるということなので、手形割引をどのようにして活用するかということも重要だと感じ、この辺のことを重点的に調査することにしたのです。

東京都内の取立銀行

東京都内で手形割引ができる場所としては、銀行があるということがわかりました。
できるのであれば割引レートも良いので、銀行を利用するのが一番いいようなのですが問題としては、銀行では簡単に手形割引を受けることができないということです。
結局、手形割引という行為は手形を担保にした融資という形らしく、誰でも簡単に受けることができるわけではないということがわかったのです。
これが企業でしたらそれほど問題になることはないのかもしれませんが、企業と言っても資金繰りの厳しい零細企業や個人事業主だと厳しいのかもしれない感じがありました。
また、現金化するまでの時間というのも2-3日はかかってしまうようなので、今すぐ現金がほしいという時には大変かもしれません。
手続きに関しても面倒なものがいっぱいあるようで、手形割引といえば銀行と考えるかもしれませんが、はじめての手形割引を考えると少し難しい場所なのかなと言う気がしました。

PRサイト
東京、千葉、埼玉で手形割引をするなら
手形割引専門の豊和商事は業歴40年の老舗です

東京都内の手形割引業者

手形割引は銀行以外でも業者を利用することでできるということがわかり、更にさすが東京都内では業者の数も多くて、さまざまな場所で割引をしてくれるようです。
ただ、銀行と違うのは業者によっても割引レートが異なってきて、業者選びが重要だということです。
それならば単純にレートの年率が安いところを選べばいいということになるわけですが、そのように簡単に行くものではなく、割引枠の上限がなかったり担保や保証料が不要といったように業者によって特色があります。
多少目減りしても現金化をしやすいところを選ぶか、あるいはできるだけ額面に近いお金を受け取るかということで個人や企業の状況で最適な業者が変わってくるため、この辺が面白いところだと感じました。
実際に自分が手形割引を利用するわけではありませんから、このように気軽にどこで割をしてくれるのか調査することができていますが、いざ自分が行う立場になると結構悩みそうです。
しかし、職業柄いつ独立するともしれませんから、今のうちに知っておけたのは良かったです。