飲食店のコンサルタントは新規開業の手伝いや事業計画書、集客のための提案、資金調達の方法など、事業を成功させるためのアドバイスをしてくれます。
コンサルタントとしてどんなに良い提案をしても、実際に飲食店を経営する人はオーナーや店長などです。
経営していく人たちとも上手に人間関係を作っていかないと、事業を成功させるのは難しいです。
全く違う職業ですが、教える側の姿勢は塾講師としても共通している部分が多々あります。

同じ情報でも伝え方によって効果は大きく変わる

情報はただ伝えるだけでは意味がありません。
相手に理解してもらい、今後の行動に役立ててもらわなければいけません。
そのためには相手の立場に立って分かりやすく教える必要があります。
そうすることで教えた以上の物事の本質まで分かってもらえます。
来客数を伝えるときは、前日から増えたなど比較しながら教えるといいでしょう。
数字という事実だけでなく、顧客を増やす要因を考えるとこまでいけます。
情報の伝え方によって、自分で考えて行動するようになります。
店舗運営や、現場のスタッフの指導方法などあらゆる面できる情報が役に立ち、来客数も伸びるなど効果に表れてきます。
コンサルタントがアドバイスだけをすればいいと思っていると、店舗運営の効果にはつながりません。
人に教えるという立場を養うことで、良い人間関係を作ることができ、大きな効果にもつながっていきます。

コンサルタントを依頼する側も、自分と相性の合う人に依頼しましょう。

コンサルタントと塾講師の共通点

コンサルタントと塾講師では、大きく職業が違うように思われています。
共通点もあり、人に何かを教えるという点では似ています。
塾講師も生徒に対してただ授業を行えば良いわけではありません。
教えた学習を理解してもらい、生徒だけで問題を解けるようにする必要があります。
また、塾でだけ勉強するのでは意味がありません。
目標を持って自ら勉強したいと思うことが大切です。
必要な情報を提供して、自ら問題意識を持ち考えて行動させる点は、コンサルタントも塾講師も似ています。
教える対象と内容が違うだけです。
良い塾講師も、コンサルタントも相手に上手に教えられます。
本当に大切なことは、知識がたくさんあって教える個とではありません。
教える相手に自ら考えて行動させることです。
塾講師は、生徒にどうやって教えたら、やる気を出させて成績が上がるか考えています。
コンサルタントも経営アドバイスの内容を考えることも大切ですが、どう教えたら良いかも学ぶことが大切です。